福岡市南区長住・リポートJ

猫です。
大工仕事が完了した、本日(3月12日)の、福岡市南区長住の
建築現場ですexclamation
長住外観.jpg
この家は、「あっ、オシャレグッド(上向き矢印)」と思わせる個所がいくつもあります。
猫が気に入っているのが、この3連式小窓。
長住おしゃれな小窓.jpg
▲▼外はこげ茶色の枠ですが、室内は白。
長住小窓内側.jpg

▼キッチン。シンクの壁面はアイボリーのツルツルした素材。
微妙に柄が入っていますかわいい

長住キッチン壁.jpg
▼ここは吹き抜けの2階部分。階段をのぼりきった個所ですが、
収納棚が取り付けられるようでするんるん
長住吹き抜けの収納スペース.jpg
▼今日は室内に職人さんが一人いらっしゃいました。
内装屋さんです。クロスとクロスの断裁機が、出番を待っています時計
長住クロスと断裁機.jpg
▼この方が内装屋さん。
今日は、クロスを貼る前の“均し”の作業=パテを塗っています。
長住パテ塗り.jpg

▼1階はパテ塗りが完了exclamation

長住1階リビング.jpg
▼2階の、階段を上って左の部屋。こちらもパテ塗り完了ハートたち(複数ハート)
長住2階右部屋.jpg
▼2階右側の部屋です。天応が高くて、開放感にあふれていますexclamation×2
今日いっぱいパテ塗りを行い、来週からクロス貼りに取り掛かるそうですぴかぴか(新しい)
長住2階左部屋.jpg
▼では、表に出てみましょう。
これは室外に作られた収納スペース。
本日は左官屋さんがいらっしゃいましたわーい(嬉しい顔)
長住物置.jpg
▼時々現場リポートに登場する、江藤親方です揺れるハート
江藤親方.jpg
▼「今日はここに土間を打つ」のだそうです。
ではその作業を拝見しましょうグッド(上向き矢印)
赤い糸を張っています。
猫「これで水平かどうかが分かるんだにゃ?」
赤い糸.jpg
▼いや、違うexclamation&question親方は糸を取り外します。
赤い糸で印付け.jpg
▼でも、壁に赤い直線が付いているぅ晴れ
わかったゾッexclamation朱肉のようなものを使って、糸に赤い色を付け、
それを壁に貼り付けて色を移すんだぁexclamation×2
赤い印.jpg
▼これが朱肉のような「糸色付け機」
印付け機.jpg
▼緑色のテープを貼る親方。
これは簡単。メンディングテープですね。つまりモルタルが付着しない
よう、保護しているんでしょう?
江藤親方「その通りわーい(嬉しい顔)
メンディング.jpg

▼モルタル制作機から、モルタルを取り出します

長住モルタル作り機.jpg
▼運びます
長住モルタル運び.jpg
▼平らな皿(?)に移します
長住モルタルを移す.jpg

▼床に塗っていきます

内部モルタル塗り1.jpg
▼赤い印の高さになりました。
平らにするには、木材を利用
モルタルを木で均す.jpg
▼でも仕上げはコテexclamationやはり職人ですね。
親方「だって、この道もう50年よ」
仕上げはコテ.jpg
▼その江藤親方の道具箱です。重みを感じるにゃあ〜(猫
江藤親方の道具箱.jpg

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから

posted by 現場リポート at 12:48 | 福岡市南区長住