福岡市南区若久リポートB

猫です。10日前に上棟した、福岡市南区若久の現場。
どうなっているかにゃグッド(上向き矢印)きっと今頃は面材が貼られて家らしく
なり、窓が付く箇所はくりぬかれているよ。
▼ほらねるんるん
111018若久外観.jpg
▲でも、外から見た印象が、今までの“現場”とどこか違うような…
▼そうだ、窓が多いexclamationしかも大きいexclamation×2
1階外に向けて窓.jpg
▼これは1階の、最も小さな窓。でも7080センチくらいの幅は
あったよかわいい
1階の一番小さな窓.jpg
▼では恒例の「脚立で2階へGO」
……ですが、左右に猫の体を支える柱がなく、
怖くなったため退散ダッシュ(走り出すさま)
脚立.jpg
▼足場の階段を使って上りました。
足場から2階へ.jpg
▼2階も窓が広いexclamationしかも1,2,3個所も窓が並んでいますかわいい
窓がいっぱい.jpg
▼その先は、長い長いバルコニー。3部屋がバルコニーと
並行して作られているのですぴかぴか(新しい)
その先はバルコニー.jpg
▼これが、そのバルコニー。
「全室バルコニーあり」…まるでリゾートホテルの広告みたいるんるん
長いバルコニー.jpg
▼ちなみに2階には背丈ほどの窓もありました。
ここは一体どのような設計なんだろう…
これからが楽しみだニャ揺れるハート
長い窓が2階.jpg

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから
posted by 現場リポート at 16:51 | 福岡市南区若久

福岡市南区若久・リポートA上棟

猫です。昨日行われた、福岡市南区若久の上棟の模様を
お伝えしますexclamation
この日のために借りた臨時駐車場(何しろ大工さん達の車だけで
7,8台確保せねば…)からフッと見やると、派手な「福岡工務店」の
横断幕サーチ(調べる)おかげで道に迷うことがありませんわーい(嬉しい顔)
遠目にも目立つ.jpg
猫が到着したのは、午前7時45分。しかし手(チョキ)施主は既に
いらっしゃいましたexclamation

朝一番で施主到着.jpg
▼建築現場は坂を少し上ったところにあります。
坂を上る.jpg
▼7時45分現在。
1階の柱がポンポンと建っています。
到着時の状態.jpg
▼8時。四方を清めます。
棟梁の泊大工(中央)がお米をまきます。
お祓い棟梁.jpg
▼施主はお神酒を…
お神酒施主.jpg
▼お清め完了exclamation大工たちは持ち場に戻ります手(グー)パンチ
仕事再開2.jpg
▼施主は熱心に現場を見つめるだけでなく、時々撮影も。
熱心な施主.jpg
▼2階床になる部分が、あっという間に組まれていきます。
床あっという間.jpg
▼大工さん達と同じ高さに上ったので、特定の大工さんの動きに
着目して撮影しました。
石橋大工ですかわいい下から渡された金物を数箱置きます。
石橋大工1.jpg
石橋大工2.jpg
石橋大工3.jpg
▼そして取り付ける場所に置いていきます。
石橋大工4.jpg
▼次に着目したのは、田口大工。木材(桁?)を置いていきます。
田口大工1.jpg
田口大工2.jpg
田口大工3.jpg
田口大工4.jpg
田口大工5.jpg
田口大工6.jpg
▼田口大工(ほかの大工さんも担当していた)が置いて行った
木材を、木製のハンマーでコーン、コーンと打ちつけ、受け皿となる
木材との凹凸によってしっかりと差し込まれます。
ジュニア1.jpg
ジュニア2.jpg
ジュニア3.jpg
ジュニア4.jpg
▼あちこちで、同様の光景が見られます。
ハンマー打ち1.jpg
▼上棟のときは、木製のハンマーがやたら多いな、と以前から
思っていたんだけど、「軸組工法は、各種の軸材の組み合わせで
構成され、軸材同士は何らかの方法で接合される」から。でもって、
一方に突起を作り、もう一方にこれを受ける穴を作る「ほぞ差し」
だからなんだニャ。さらにハンマーで打ちつけて接合するからだニャア。
猫、今日も“ものの本”で一生懸命調べたよグッド(上向き矢印)
ハンマー打2.jpg
▼部材をアップ。どこに使う部材か、っていうのは、このように
ナンバリングでわかるようになっている。
「あいうえお」じゃなくて「いろはにほへと」なんだよわーい(嬉しい顔)
「い一」「い二」「い三」とか…。ホゥ〜、日本だにゃ。
木材にはナンバリングが.jpg
▼さて、ここからは2時間経過後の写真(和田2の地鎮祭に猫は行って
ましたexclamation
10時半戻ると.jpg
▼お客さんが増えてます。
施主の上司と、お兄さんだそう。
上司兄も参加.jpg
▼施主がお兄さんを連れて、足場へ。
実はお二人とも、この業界の人なのです。
兄弟上へ.jpg
▼施主の奥さまと息子さん(T君)も到着るんるん
妻子到着.jpg
▼太い梁がクレーンで所定の場所に置かれようとしています。
梁が届く1.jpg
hが理が届く2.jpg
梁が露独3.jpg
▼それをこれまたハンマーでコーン、コーン。
梁をハンマーで打つ.jpg
▼凸凹はこんな感じ眼鏡サーチ(調べる)
凸凹見せます.jpg
▼ずらりと並んだ、凸。ここに今から凹を持つ垂木が取り付けられます。
行うのは土ア大工(パパのほう)。
垂木取り付け前.jpg
土ア大工1.jpg
土ア大工2.jpg
土ア大工3.jpg
土ア大工4.jpg
▼話変わって、これは「鎹(かすがい)」。
カスガイ箱の中.jpg
▼じっくり観察してみると、場所によって鎹の打ち方が異なるようです。
カスガイ1.jpg

カスガイ2.jpg
▼そうこうしているうちに、垂木はほとんど完了exclamation
垂木がほぼkannryou.jpg
▼ハイ、上棟なったよ揺れるハート
上棟なった.jpg
▼1階はこんな感じ。
上棟なった2.jpg
▼これから上棟を祝っての食事会です。施主がご挨拶
(画像が暗くて、ごめんなさいもうやだ〜(悲しい顔)
施主挨拶.jpg
▼食事後、じっとしていられない盛りのT君は、ヘルメットをかぶって
探検るんるん
T君.jpg
▼大工さんもまっ青の、身軽さexclamation生まれながらの鳶は、何と
まだ幼稚園の年長さんぴかぴか(新しい)
T君2.jpg
▼現場は気になって仕方ないけど、「邪魔しちゃダメ」とママに
言われ、自転車で去っていきました手(パー)
T君に代わって、猫がリポートするからねぇ〜
ママの自転車に.jpg

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから
posted by 現場リポート at 12:21 | 福岡市南区若久

福岡市南区若久・リポート@地鎮祭

猫です。また新しい現場ができたよexclamation
福岡市南区若久です。
9月17日(土)地鎮祭が行われたので、その様子をお伝えしますね。
▼式が始まりました。
神官がお祓いをする時は、全員が低頭。
お祓い中の低頭.jpg
▼これから敷地の四隅を清める「四方お祓いの儀」に向かいます。
お神酒は施主が、塩は施工側から現場監督がまきます。
四方祓iいに出発.jpg
▼まずは神官さんがお祓い清めます。
神官の四方祓い.jpg
▼施主の様子を息子さんが覗き込んでいるるんるん
お酒をまく.jpg
▼次に塩で清めます。
塩で清める.jpg
▼「地鎮の儀」は施主の「仮初の儀」によって始まります。
施主仮初めの儀.jpg
▼続いて施主の奥さまによる「鍬入れの儀」。
「エイッ、エイッ、エイッ」と声を出し、3度目の「エイッ!」の
時、山に鍬を入れ込みます。
妻鍬入れの儀.jpg
▼施工者による「杭打ちの儀」。
杭打ちの儀.jpg
▼列席者が行う最後の“役目”は玉串奉奠。
神官さんが丁寧に教えてくれます。
緊張の玉串奉奠1.jpg
…が、それでも緊張しますねわーい(嬉しい顔)
緊張の玉串奉奠2.jpg
▼奥さまと息子さんによる玉串奉奠。
こちらも神妙な面持ちです。
妻子の玉串奉奠.jpg
▼続いて福岡工務店の社長。
社長玉串奉奠.jpg
▼いつ見ても立ち姿が美しいexclamation
西川設計担当の玉串奉奠。
西川さん玉串奉奠.jpg
▼無事に式が終わり、お神酒でお祝いします。
お神酒での乾杯直前.jpg
▼これからの工事の安全と、ステキなマイホームの完成を願って
乾杯!
乾杯.jpg
▼神官さんから上棟札をいただきました。
後ほど、棟木に取り付けるものです。
上棟札の説明.jpg
▼そうそう、子どもにとっての重要な仕事がありましたかわいい
近隣へのごあいさつの“先鋒”ですexclamation
近隣挨拶.jpg

▼記念撮影晴れ これから猫がリポートしていきますよォ
記念撮影.jpg

 福岡の新築一戸建て.comはコチラから
posted by 現場リポート at 10:23 | 福岡市南区若久